提自分のマークがあると、なにかと便利ですよ。ネットショップを始めた人やこれから始める人にもおすすめです。

 

 

マークで一番重要なことは

マークがあればデザイン的にしまる、というのもあります。が、もっとお勧めする理由があります。それは、意味を形にするから。

デザインは翻訳と似ています。日本語を英語にと同じく、オリジナルがある。それを変換しているだけです。デザイナーがオリジナルを考えているわけではないのがポイント。

ですからロゴマークの制作は、自分は何者とか、何をしたいとかを形にすることです。まず、そこを抽出する必要があるわけ。

これは、デザインそのものの行為で、なくてはならないこと。
なーんて、難しいことはひとつもないです。センスも必要ないです。デザインスキルとも無関係なのでご安心を。

 

意味がないと、形にも意味がなくなり何でも良くなってしまいます。

 

マークを作るときの注意

よく目にするが避けて欲しいのは、なんとなく好きだからで作ってしまうこと。実は、イラレ等を使えるデザイナーさんに少なくありません。センスがあるし手先が器用だし。だから、素敵なマークができあがるんだけれども。

でも見た目がばっちりでも、理由が「なんとなく」では本当にもったいないです。基本的にマークはずっと使うためのものだから。使い捨てだったり毎回違っていたら、あんまり意味がありません。

印鑑と似てます。毎回好きな名前の印鑑を押さないよね、と。自分の分身ですからね。そういえば印鑑文化は消滅するのかな。家紋や印鑑は、実に面白いのにね。会社のデート印等は、今すぐなくして欲しいけど。

そういう意味では、漢字も素晴らしい。先祖よ、文字に意味をいれちゃうってアンタ、それどういうこと?!

印鑑やスタンプが効率からきたのに、今や逆になったというのも興味深いですね。人は動くから、どの発明も必要だがいずれ終わりがくるのかな。

話がそれました。

重要なことは、以下のとおり。

なんとなく好きだから、ではダメ

最近、花が好きだから花のマークとか。ピンクが好きだからピンク色にするとか。NGなんです。

でも、苗字が「花田」なら花のマークはOK。名前が「桃子」ならば、ピンク色や桃のマークはバッチリです。

童話の桃太郎の鉢巻きに、桃のマークが入っているでしょう。アレよ。ファンタジーに桃から生まれたからと軽い気持ちで桃太郎と命名されても、喜んで自分のロゴにしちゃうとは。生粋のデイナーですな。

しかしながらせっかく持っている自分の名前ですから、有効に使った方が良いと思います。もちろん、あんまり好きじゃない場合はやめよう。自分のマークなんだから、気が進まない場合は良くありません。

 

名前を観察してみる

小学生のころ、自分の名前を数字で表し得意そうにしている男子がいました。サトシ君、お前だ。「3104」って。すげー、うらやましかった。

あの子が3104でなかったら、何十年も前のことを覚えていないよ絶対。

デザインはダジャレ上等。数字の語呂合わせもそうだし、漢字もそう。漢字の意味をマークにしてみる。美しい字、面白い字、珍しい字が入っていたら超ラッキー。

音もいいね。ドレミファソラシドでもいいし、オノマトペだっていい。空さんなら「ソー、ラー」の音符にできる。ミイちゃんだったら「ミー」でしょ。

ゴロウ君なら「56」もそうだし、ゴロゴロするでもいい。雷のゴロゴロでもいい。名前を分解してみるのです。

オノマトペだったら、衣良さんのイライラとか不破さんのフワフワとか。イライラは、漫画や絵文字で使われて怒ったとき額にできるマークなんかどうですか。フワフワは、浮かんだ感じ。雲とか泡とか。

是非、名前に潜んでいるものをデザインに翻訳してみてください。

 

色も同じように使う

形ができたら、それに色をつけましょう。モノクロでもいいけど、色があると便利です。

色には意味があるから、まずはそれを知っておいたほうがいいでしょう。意味を知っているけどあえてこの色というのと、知らなかったでは全然違います。

似合う色や、なんとく好きな色で選ばないように。何を表現したいかなんです。桃なんだけど自分が好きな色だから水色にしてしまったら、誤解を招いたり意味のパワーが弱まります。

色については次回、具体的にお話します。

 

たくさんの意味をこめない

これは、デザインがおもしろくなってきた人にありがち。応援してるし、とてもいいことなんだけど、悲しいかな自分以外の人には多分わからないのよ。

伝えたいことは、1つの方が届きやすいです。資料作成でもコンセプトづくりでも毎度言っていますが、それはマークでも同じ。

自分はいろいろなことができる。デザインもITも金融も、カウンセリングもゴルフも。どうしても全部を表したいなら、ひとつひとつを5つで表現しても伝わらないです。

どれかひとつを選ぶか、ぜんぶをまとめて違うものにするか。
まとめるとは、他のもので表現するということ。

魔法使いとか? 料理人とか? 何でも屋とか?
(あまりおすすめしません…)

せっかく伝える機会があるのだから、1つに絞るのがいいと思います。


では、具体的にやってみましょう。続きます。mi

 

『まねるだけで伝わるデザイン』にもヒントが載ってます。